おしぼり・タオル・ユニフォーム・マット・モップ等のレンタル、栃木・福島・宮城・茨城県をクリーンデリバリー

おしぼりの歴史

おしぼりの歴史

おしぼりの歴史

周囲を海に囲まれた島国日本は、温暖で湿潤な気候。
それに日本人の清潔好きな気質も手伝っておしぼりが誕生したと考えられています。
おしぼりの起源は、諸説ありますが古くは室町時代とも江戸時代とも言われています。綿のタオルがはじめて日本に輸入されたのが1868年と言われていますから、いわゆる「綿タオルのおしぼり」が誕生したのは、明治時代以降と思われます。

おしぼりの歴史
おしぼりの歴史

漫画バガボンドでは、宮本武蔵が布を川の水に浸して体を拭くシーンが出てきますが、古くから布に水を浸し体や手足を清潔にする習慣があったのではないでしょうか。
少なくとも、戦前から家庭でおしぼりを使う習慣があったようです。

おしぼり業界の歴史

戦時下の貧困生活の中では、とかく忘れられていた「おしぼり」を出すという習慣も戦後10年ほど経過した昭和30年頃に、飲食店向けに形を変えアメリカのリース方式を採り入れた貸しおしぼり業として家内工業的に始まりました。
当時は、貸しおしぼりを家庭用洗濯機で洗い、1本1本手巻き生産をし、レストランや喫茶店等に卸していたそうです。それが、業務用包装機や業務用洗濯機等の開発により、量産体制を可能にし、徐々に貸しおしぼり業者が増えていきました。

おしぼりの歴史

昭和39年の東京オリンピックを契機として、外食産業の発展とともにおしぼりのマーケットも広がり、当社でも昭和45年に現社長が脱サラしてこの業種に参入しました。

その後、紙製の使い捨ておしぼりが出現し、最近では自動おしぼり製造機も開発され、現在では、商品の多様化とともに、飲食店以外でもアミューズメント施設やゴルフ場、スパ施設、タクシー、美容室など様々な接客の場面で利用されるようになり現在に至っています。


おしぼりの洗浄方法

おしぼりの衛生基準

おしぼりタオルができるまで

PAGE TOP