おしぼり・タオル・ユニフォーム・マット・モップ等のレンタル、栃木・福島・宮城・茨城県をクリーンデリバリー

おしぼりの衛生基準について

おしぼりの衛生基準について

@変色及び異臭がないこと
A大腸菌群が検出されないこと
B黄色ブドウ球菌が検出されないこと
C一般細菌数は、一枚あたり10万個を超えないことが望ましいこと

おしぼりの衛生基準は、以上のように貸しおしぼり業者に対する「おしぼりの衛生的処理に関する指導基準」の中で厚生労働省が定めています。
また、おしぼりの消毒方法については以下のように定められています。

おしぼりの消毒方法について

@塩素剤等による消毒
さらし粉、次亜塩素酸ナトリウムの遊離塩素250ppmの水溶液に3分間以上浸すこと。
A熱湯等による消毒
80℃以上の熱湯に10分間以上浸すか、又は、100℃以上の蒸気に10分間以上触れさせること。

以上の事を大前提に、当社では更に厳しい衛生管理体制を敷きお客様に喜ばれる安定した製品を供給するため研究し続けていきたいと考えております。

毎月のおしぼりの試験検査では、厚生労働省指導基準の一般細菌数10万個未満よりはるかに少ない100個未満を達成しております。

おしぼりの製造については、国家試験クリーニング師の資格が必要です。→

国家試験クリーニング師

当社の衛生管理の取り組み

当社では、「おしぼりは生もの」という認識のもと、食品工場と同レベルの管理体制を目指しHASSPのコンサルタントに、現地指導をしていただきました。

*HACCP(Hazard AnalysisCritical Control Point)とは,1960年代にアメリカで開発された食品の品質管理法で、食品の製造工程全般を通じて危害の発生原因を分析し、重要管理事項を定め、より一層の安全確保を図る科学的管理法式です。最近では特に大手の外食産業や食品工場等に取り入れられている管理方法です。


おしぼりの洗浄方法

おしぼりの歴史

おしぼりタオルができるまで

PAGE TOP